スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

福富太郎さん有難うございました。

 2009-08-10
今日は、高校生の時に見の夢が一つ叶った日でした。

北九州美術館で開催中の
「福富太郎コレクション 美人画の系譜―鏑木清方と東西の名作百選」
を見に行ってきました。

初めて北九州美術館に行きました。
2009080913220000.jpg
ビックリ、すごい面白い建物でした!

高台にある建物からの景色も最高でした。
2009080915500000.jpg

すごいでしょう、手前の黒い雲。
もちろん今日も「雨」を呼んでしまったようですよ~~~。
しかも、惨事が・・・
道中、旦那の車のワイパーが「カンっ!!」って音と共に動かなくなり、
三菱車なのに、スズキに緊急入車。
しばらく見て頂いたんですが、部品もないし、修理出来ず。
雨も止んできたので、しばらく走ってカーショップへ。
ガ○コを窓に塗り塗り、拭き拭き・・・
これで雨が降ってもとりあえず大丈夫!
・・・ってことでようやく美術館へ到着~


そうそう、
「夢」の一つと言うのがですね、
大好きな日本画家 鏑木清方の「妖魚」という絵の実物を見てみたかったんです。
それが今日叶ったんです~!!
他にもたっくさん鏑木清方の絵を見れて、もう大感激でした。

学生時代、東京に居た時も
鏑木清方見たさに目黒の美術館に行ったことがあります。
小さい額が2枚。
それでもすごく嬉しかったのを覚えています。

鏑木清方の絵を本で見ると、
ほとんどが「個人蔵」「福富太郎氏蔵」とありました。
だから、今回のような企画展でもなければこんなに見れなかったわけです。

「福富太郎」ってどんな人だろう、
きっとお金持ちのコレクターなんだろうなぁなんて思っていたんですが、
初っ端なに福富氏についての記述があり、
それを読んでガーンと殴られたような気がしました。

福富氏の文をそのまま引用させていただくと・・・
「貧乏人が絵を集めるために金を貯めようとすると何かを犠牲にしなければならない。まず酒とタバコはやらない。道楽もできない。ゴルフ、マージャン、パチンコなどのギャンブルは勿論、旅行もしない。好きな物も食べない。コーヒーも飲まない。タクシーには絶対に乗らずに電車専門。洋服は実用的なものだけを着る。靴は黒いのが一足だけ。というふうに決心した。」とありました。

いきなりKOされ、
好きなことし放題の自分が絵を見せていただけることに、感謝の気持ちで一杯になりました。
その上ずっと実物を見てみたいと思っていた鏑木清方の絵がたくさんで、
目がウルウルしっぱなしでした。

ガラスケースで囲ってあるので、
ガラスぎりぎりまで近づいて、筆運びや本では分らない実際の濃淡を堪能できました。

それと、ウットリしたのは、
表装の美しいこと!!
何故に図録には、表装が載っていないのか!と思ったほどです。
福富さんが指示されたのか、
表具師さんが粋な方だったのか、
絵の邪魔をせず、素敵な表装に感激しきりでした。

例えば・・・
「南枝綻ぶ」という絵には障子越しの梅の枝の影が背景に描かれています。
梅の咲く頃って、まだ寒いし、雪も降るんですが、
絵だけを見ているとそんな寒い感じはしないんですよね。
でも、表装に雪花紋の布が少しだけ使われているんです。
素敵ですよねぇ~~


鏑木清方のほかにも、たくさんの画家の「美人画」がありました。
有名なところでは、「竹久夢二」とか。
うーん、やっぱり可愛い。
人気があるはずですね。

到着が遅かったにしても、
気づいたらもう夕方近くでした。


強制連行されたような旦那も
楽しんでくれて、ホッとしました。
美術館の建物を見て、
「ガンダムの○★▲@*$やぁ!」と言って喜んでました。
何のことか理解できず。
とりあえず「うん、そーやね。」と返事。

旅っていろんな楽しみ方があるようですね。


スポンサーサイト
タグ :
コメント
ホワイトベースにしか見えんわなお兄ちゃん。
福富太郎は戦後銀座にキャバレーを作った男。女性でお金を回した男が美人画を蒐集していた。粋だね。昭和浪漫だ。夢二は大正浪漫。
目黒の美術館は洗足池?懐かしいね2カ月住んでた。
【2009/08/12 16:05】 | motoki #tjPlJjxI | [edit]
そう、そう!キャバレーをつくるきっかけになったのも、
お金を使わず堅実?けち?なところを認めてもらって任されるところからの始まりなんだって!
絵のために、冬も暖房無し生活だそうです。

目黒、確か雅叙園?小さいとこでしたわ。
当時、モジャモジャのドレッド頭だったので、超場違いな感じだったのを覚えています。

> ホワイトベースにしか見えんわなお兄ちゃん。
> 福富太郎は戦後銀座にキャバレーを作った男。女性でお金を回した男が美人画を蒐集していた。粋だね。昭和浪漫だ。夢二は大正浪漫。
> 目黒の美術館は洗足池?懐かしいね2カ月住んでた。
【2009/08/12 22:24】 | what a bee #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://whatabee.blog41.fc2.com/tb.php/51-084b76ac
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。